肌トラブルがあると、毎日のスキンケアには慎重になると思います。
我が家は以前、ボディソープを使っていました。
でもある時、なんだかんだ「石鹸」が昔からあるアイテムで、安心なんじゃないかと思ったんです。


ボディソープを買うと、詰め替えボトルを購入し続ける事になります。
詰め替えは経済的で、素晴らしいと思います。
でも、面倒なことが嫌いな私は、ボトルを洗わず詰め替えを行います。
薄々気づいていましたが、やっぱりこれって衛生面では問題があります。


ボディソープやシャンプーは、口に入れる商品では無いので、気にしすぎる必要は無いかもしれません。
ですが、雑菌が入ったものを肌に使うと言うのは、いい気持ちはしません。


本来詰め替えタイプの場合、容器をよく洗い「しっかり乾燥」させた後、
液体を詰め替える事が必要です。
乾燥させ、ボトル内に水が入らないようにするのが、雑菌を繁殖させないポイントです。


でも、この作業が面倒だと思う私としては、「固形石鹸」が最強かなと思いました。
無くなれば、その都度袋から出し使うので、雑菌などの心配もいりません。
子供の髪は、そのまま石鹸で洗ったりもしています。
そして、使うのはもちろん「無添加せっけん」です。
ここではこの無添加石鹸について、お話したいと思います。

スポンサーリンク

石鹸と合成洗剤の違い

汚れを水に溶かして落とす働きがある「界面活性剤」。
汚れを落とす性質のあるこの固形石鹸も、界面活性剤の分類にあたります。
しかし、自然界にはない原料から作られたもの、それが「合成界面活性剤」です。


合成界面活性剤は、浸透力が強く、分解されにくい性質です。
その為、水と一緒に流してもいつまでも残ります。
微生物による水の浄化作用も妨げ、環境問題にもつながります。


合成洗剤で洗濯した衣類には、蛍光増泊剤が残ります。衣類をブラックライトで照らすと、 蛍光増泊剤残った衣類は青く光ります。こうした添加剤が残る衣類を着る事で、アレルギー反応を起こす場合があります。


一方石鹼は、一日で分解されます。そして、水と炭酸ガスに分解されて自然に還ります。人と環境にやさしい成分で出来ているのが、石鹸の一番の良いところです。

スポンサーリンク

化粧石鹸と洗濯石鹸の違い

化粧石鹸は、洗顔や体を洗うことに使います。
洗濯石鹸は、その名の通り、洗濯や炊事の時に使います。


石鹸は、動植物の天然油脂にアルカリを加えて作られます。
天然油脂は、脂肪酸とグリセリンから出来ています。
それを精製し、苛性ソーダを加えて炊く方法を「けん化法」と言います。
油脂を加水分解し、得られた脂肪酸を苛性ソーダで中和する方法を「中和法」と言います。


肌用の化粧石鹸に必要な事は、潤いを保つ事です。
これに特化した方法が、「けん化法」で作られた石鹸です。
洗浄する事に特化した洗濯石鹸には、「中和法」が用いられます。


時々石鹸の裏を見ると、「中和法」と書いてあるものがあります。
つまり、その石鹸は洗濯用だという事です。

スーツ女性

つまり・・・

化粧石鹸=けん化法(保湿に特化)
洗濯石鹸=中和法(洗浄に特化)

という事です。

口コミで人気の無添加石鹸「白雪の詩」は洗濯石鹸で品名にも「台所用石鹸」と書いてある



無添加石鹼を調べる上で、「?」と思った事がありました。
@cosmeで「ねば塾の白雪の詩」という石鹸が高評価だったので見ていました。


口コミでは、洗顔やボディ用に使っている、と書かれてありましたが、
公式サイトで見ると、「中和法」で「キッチンソープにも最適」と書いてあります。
つまり、これは「化粧石鹸」ではありません。
@cosmeの商品詳細欄にも、「※この商品は「化粧石けん」ではありませんのでご注意ください。」と、きちんと明記されています。


無添加石鹸だからと言って、浴用・洗顔石鹸だと思い込んではいけません
肌には確かに良いけど、用途に注意して購入しなくてはいけません。

代表的な無添加の化粧石鹸3ブランド

無添加の化粧石鹸として、代表的な3ブランドを挙げてみました。
私が選ぶポイントは、価格が手ごろである事です。
毎日使うものなので、そんなにお金も掛けられません。
長く良いものを使いたいから、この3ブランドを挙げてみました。

管理人おすすめ3ブランド

  • カウブランド「無添加せっけん」
  • シャボン玉「浴用せっけん」
  • ミヨシ「無添加白いせっけん」

牛乳石鹼の無添加せっけん




石けん素地100%の石鹸です。
余分な皮脂だけを落とし、さっぱりとした洗い心地。


【無添加ポイント】
着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・・・不使用


【使用方法】
この石けんは、手、顔、体に使えます。
※メーカーサイトには、「洗髪にはシャンプーの使用をおすすめします」と明記あり。
良く泡立てて、手やタオル・スポンジなどで良く泡立てて洗いましょう。
すすぎ残しが無いように注意しましょう。


シャボン玉無添加浴用石けん




我が家で使っている石鹸です。
けん化法で丁寧に作られるシャボン玉浴用石鹸。
作る過程では、見た目以外にも、音、匂い、手触りのほか、なんと「味」まで確認しているんです。
口に入れても安心。
これが、この石鹸の安全性を物語っています。


【無添加ポイント】
着色料・香料・エデト酸塩(EDTA-4Na)などの酸化防止剤、合成界面活性剤・・・不使用


【使用方法】
濡れたスポンジ等でよく泡立ててご使用ください。
体用としてはもちろん、髪や顔にも使えます。


ミヨシの無添加白いせっけん




今のシャボン玉石鹼が無くなれば、次買ってみたい石鹸です。
口コミも良く、公式サイトも動画などあり、好印象でした。
この石鹸とは別にミヨシでは、「無添加 洗顔せっけん」もあります。
こちらの洗顔用には、使うまで酸化を防ぐ、脱酸素剤を封入してあり、新鮮な石けんで洗顔できます。


【無添加ポイント】
着色料・香料・防腐剤などいっさい不使用


まとめ

先日友人と詰め替えボトルについて話していたんですが、その友人は、詰め替えボトルは買わない派だと言っていました。
やはり雑菌が気になると言って、買う場合は多少高くてもボトル本体の物を買うそうです。
友人の場合、柔軟剤の話でしたが、やはり気になる人は気になるもの。
私もその一人です。
まして、アトピーの子供がいるなら余計、衛生面は考えてしまいます。


今では何でも食品や化粧品も、詰め替えが主流です。
エコで経済的なのが嬉しいです。
でも、化学薬品を多く使ったものが本当にエコなのか、私たちの体にどんな影響があるのか。
その弊害で、肌トラブルを起こして皮膚科に通うとなれば、それは本当に経済的なのか。
肌が丈夫であれば良いのかもしれませんが、私はそうではないので、このシンプルな「石鹸」が一番合っていて、良いような気がします。

アトピーのジュクジュク肌、乾燥肌に。しみない口コミで人気の温泉美容液

アトピーに使っている3つのアイテム
  • メディソル水素水

    水素純度は業界の最高レベルです。不純物をほとんど含まない水素ガスで高濃度水素水を作っています。週刊文春でも1位を取った信頼できる水素水です。

  • 水素化粧品|Auterオリジナルクリーム

    掻き壊しの傷の保護や耳切れの予防に使っています。使うと翌日には効果を感じる事が出来るので、無くてはならないアイテムです。

  • サラヴィオ化粧品

    アトピーの方から高い支持を得ている化粧品です。サラヴィオ美容液はジュクジュク肌でも使え、しみないと口コミで評判です。私はこの美容液とRG92とその時々で使い分けています。


スポンサーリンク