30代も半ばを超えると、健康診断もちょっと怖いなーと感じます。
何か、そろそろ病気が発見されるんじゃないかとか、数値の異常が見つかるのではないかとドキドキします。


秋に私は自治体の健康診断を受けました。
30歳代の複合検診と言うもので、内容は「乳がん検診」、「子宮頸がん検診」、「骨粗しょう症検診」の3つです。


価格も安く、うちの自治体ではこの3つを、3,200円で受けられました。
全ての検査も30分内には終わり、あっという間に帰宅しました。。


そして、12月の終わりごろ検査結果が家に郵送で届きました。
ドキドキして封を開けると、「精密検査が必要です」の文字が目に入り、本当にドキッと体がこわばりました。


その項目は、子宮頚部がんの細胞診の欄でした。


「私って子宮頸がんなの?」


何とも言えない、感覚で色んな事が頭を巡りました。
とりあえず、すぐに精密検査を受けよう!と思い、病院へ電話しました。

スポンサーリンク

意義不明な異型扁平上皮細胞(ASC-US)は子宮頸がんなの?そもそも読み方が分からない!

自治体の検査結果では、「意義不明な異型扁平上皮細胞、ASC-US、軽度扁平上皮内病変疑い」だとありました。
でも、難しい言葉がいっぱいで何が何だかわからない。
とりあえず、読み方が不明。

nanako

  • 異型扁平上皮細胞(いけい へんぺい じょうひ さいぼう)
  • ASC-US(アスカス)
  • 軽度扁平上皮内病変疑い(けいど へんぺい じょうひない びょうへん うたがい)

と読むようです。
ちなみに、がんに進行する可能性がある異常な細胞がある状態を「異形成」と言います。
私のこの状態は、「異形成とは言えないが細胞に変化がある」状態だそうです。


子宮頸がんの国際分類「ベセスダシステム」を用いると、私の段階は、
正常が「1」、癌が「6」だとすると、「2」の段階になります。

スポンサーリンク

子宮頸がんの原因、ヒトパピローマウイルス(HPV)の有無を検査

この状態での精密検査はまず、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しているかの有無を調べます。


初めて精密検査を受けるとあって、気持ちはとても重かったです。
「がん」を今後、身近なものとして考えなくてはならないのか、そんな事を考え診察を受けました。


しかし、診察をする医師の方に「この段階では自然に治る事が多いので、そこまで深刻にならなくても良い」と言われ、少し安心しました。
また、「癌では無いし、今すぐどうにかなる、という事もない」と付け加えられました。


とは言え、まずは子宮頸がんの原因である、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しているかの検査をしなくてはいけません。

子宮頸がん検診

もし、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していれば、子宮頸がんへと向かう可能性が出てきます。
検査の結果、HPV検査が陰性であれば、子宮頸がんのリスクはきわめて低いと言えます。


何度も言いますが、この段階は自然と免疫で治る事が多いのです。
たとえ、HPV検査が陽性であっても「実際に子宮頸がんに進む人は少ない」と言われています。
そして、免疫でHPVを排除できれば、HPV陰性になる事もあります。


と、考えると免疫力がカギとも言えます。
ここ最近はストレスが多く、疲れが溜まっていて、体調も良くなかったのかなと思いました。
免疫力を上げるには、今後もやはり「水素」の力を信じて続けたいと思いました。


スーツ女性

水素には細胞、遺伝子レベルの働きがあります。
通常の抗酸化物質では入りきれない、脳や子宮、卵子にまで届きます。
それは、水素分子が他の抗酸化物質とは比べられないほど、小さいからだと言えます(水素分子は宇宙で一番小さい分子です)。

子宮頸がんHPV検査の結果

年末に精密検査を受けたので、検査結果は年明けになると言われました。
こんな、モヤモヤな気持ちのまま年明けか・・・とがっかりしました。
深刻になる必要は無い、と言われても、初めての事だし、「癌」という言葉が頭をよぎると、あまり穏やかでは居られませんでした。


そして、年明け1/4。
検査結果を聞きに、再度病院を訪れました。

分娩台

結果は、陰性


ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染はしてないという事でした。
経過観察と言われ、1年に1回は子宮頸がん検診を、と言われました。
来年は、精密検査を受けなくてもいいような体になっていれば良いな、と思います。

まとめ

乳がん検診
今回初めて、精密検査を受けました。
年を重ねると、本当に健康のことが気になります。
自治体の検診で受けた、乳がん検診は特に異常はなく良かったです。
でも、日ごろからお風呂でのセルフチェックはしています。


検診時、乳がんになった時のしこりを、シュミレーションで触らせてもらいましたが、明らかに硬い、コリコリしていました。
この感覚が自分の体に無いか、毎日の確認はしていきたいです。
検診は、いろんな勉強になります。
面倒くさいと言わず、絶対に行った方がいいと感じます。


あと、骨粗しょう症検査では、やや低めという結果でした。
これも初めて言われたことなので、最近はよく小魚を食べています。
子供のおやつにもあげているので、一緒にポリポリ食べてあっという間に無くなってしまいます。
それに加え、サプリメントも取っています。
飲んでいるのは、「ピジョンサプリメント 葉酸カルシウムプラス」です。

特に妊活中と言う訳ではありませんが、妊婦さんがとるサプリメントなので、身体の事を考えた成分で出来ているので、これに決めました。
香料・着色料・保存料、無添加です。
気休め程度かもしれませんが、飲んでいると安心します。
近所のドラッグストアで買うより、楽天市場amazonの方が半値くらいで買えるのでおすすめです。


何はともあれ、今回の健康診断で改めて自身の体を大切にしようと考えさせられました。
今後も検診は必ず受けたいと思います。
あなたも自分の体を大切にして下さいね。

精密検査から一年後・・・

緊張した精密検査から一年後、また自治体の健康診断を受けました。
今年は「異常なし」になりますように、との思いを胸に検診に向かいました。
検診内容は前回と同じ「乳がん検診」、「子宮頸がん検診」、「骨粗しょう症検診」の3つです。


そして、検診を受けて1か月ほど過ぎて、結果が郵送で届きました。
ドキドキしながら封を開けると、そこには「異常なし」との結果が。
ホッとしました。


つまり前年「意義不明な異型扁平上皮細胞、ASC-US、軽度扁平上皮内病変疑い」とあっても、生活習慣を見直したりすることで、改善することはあるようですね。
これは医者も確かに言っていた事なので、自身の免疫を上げること、生活習慣を見直す事が大切なのかもしれません。
30代後半になり、健康にはより気を遣って日々を過ごしたいなと感じました。

nanako

免疫力を上げる、生活習慣の改善を目的に水素水を飲んでます。
私が定期購入しているおすすめの水素水はメディソルの水素水です。

アトピーに使っている3つのアイテム
  • メディソル水素水

    水素純度は業界の最高レベルです。不純物をほとんど含まない水素ガスで高濃度水素水を作っています。週刊文春でも1位を取った信頼できる水素水です。

  • 水素化粧品|Auterオリジナルクリーム

    掻き壊しの傷の保護や耳切れの予防に使っています。使うと翌日には効果を感じる事が出来るので、無くてはならないアイテムです。

  • サラヴィオ化粧品

    アトピーの方から高い支持を得ている化粧品です。サラヴィオ美容液はジュクジュク肌でも使え、しみないと口コミで評判です。私はこの美容液とRG92とその時々で使い分けています。


スポンサーリンク