2011年3月の東日本大震災によって起きた、福島の原子力発電所の放射能汚染問題。
においもない、目に見えない放射線。
それが一体私たちにどのような障害をもたらすのか。


知識がなければ、ただただ怖いとしか言えないでしょう。
ですが、少しの知識を身につける事で、過度な心配をしなくて済むかも知れません。
そして、水素と放射線との関係を知れば、放射線へ対応の仕方、考え方が変わるかも知れません。
放射線の知識を身につけ、メディアの報道に一喜一憂、踊らされないよう気を付ける事も大切です。

スポンサーリンク

放射能とは?言葉と単位の意味

東日本大震災以降、多くのメディアで放射能や放射線という言葉を耳にするようになりました。
でも、詳しい事や言葉の意味をよく知らない。
ただ漠然とした恐怖を感じている、という人も多いのではないでしょうか。
これから放射線について説明する上で、まずは言葉の意味についてお話ししたいと思います。


放射線を出すものを放射性物質と言います。
放射線を出す能力は、放射能と言います。
放射性物質は放射線を出しながら、自然と壊れ、他の原子に変化します(崩壊と言う)。
放射能の強さは、時間とともに弱くなる。
放射能の強さが半分になるまでの時間を、半減期といいます。


放射性物質を線香花火に置き換えて考えてみましょう。


放射性物質:線香花火
放射能:線香花火が火花を出す能力
放射線:線香花火の火花
半減期:火花の量が半分になるまでの時間
放射能の強さ:火花の強さ(ベクレル)※1秒間に1回壊れる放射性物質の量が1ベクレル
人体への影響(Sv):火花が当たったときの熱さ(線量当量:シーベルト)


単位については下記のとおりです。

ある物質が放射線に照射されたとき、その物質の吸収線量を示す単位がグレイ(記号 Gy。定義 J/kg)である[4]。生体(人体)が受けた放射線の影響は、受けた放射線の種類と対象組織によって異なるため、吸収線量値(グレイ)に、放射線の種類ないし対象組織ごとに定められた修正係数を乗じて線量当量(シーベルト)を算出する[4]。【Sv = 修正係数 × Gy】



【同じ物質に異なる放射線が1Gy吸収された時の影響の差(Sv)】

  • アルファ線が1Gy=20Sv
  • エックス線やガンマ線1Gy=1Sv



Sv数値が高いほど、体への害があります。

スポンサーリンク

放射線とは?種類により性質は異なる

エックス線
筋肉や皮膚、木や紙を通り抜け、身体を透かして見る事が出来る性質がある。
発見したのは、ウイルヘルム・コンラート・レントゲン博士。
発見時に体を透過する不思議な物質という事から、エックス線と名付けた。

ガンマ線
エックス線同様の性質を持ち、医療現場などで使われます。
原子核が壊れるときに、光の速さで飛び出してくる光の粒。
また、細胞を殺す性質を持つことから、がん治療にも使われます。
厚いコンクリート、鉛などは通り抜けられない。

ベータ線
原子核が壊れるときに飛び出す電子だが、速度が非常に速い。
マイナスの電子を帯びていて、アルファ線よりも小さく、飛ぶ距離も長い。
体の中では数ミリから数十ミリ程度飛ぶだけですが、エックス線やガンマ線同様、通り抜けた細胞は傷つけてしまいます。

アルファ線
アルファ線はヘリウム原子核そのものです。
原爆などに使われたプルトニウムのように、大きな原子核が壊れるとき勢いよく飛び出す。
2つの中性子と陽子から出来ている。
粒が大きく、プラスの電子を帯びており、遠くに飛べない。
しかし、体内に入り、近くにある細胞を傷つけると、癌などを引き起こす原因になります。
これを内部被ばくと言い、細胞を傷つける力は同じ量のエックス線、ガンマ線の20倍程ある。

中性子線
原子炉や原爆のような核兵器に使われる原子核が、壊れる際に飛び出す。
飛び出した中性子の粒が、早いスピードで飛ぶ線を中性子線と言う。
名前の通り、中性で電気を帯びてない為、体を簡単に通り抜け細胞を傷つけます。
その力は、エックス線、ガンマ線の5倍から20倍もあります。
原子炉事故ではこの中性子線を沢山浴びると、死に至ります。
(1999年9月30日のJOC事故では、これで2名亡くなっています)

重粒子線
炭素やネオンなど普通の状態で止まっている原子核を、加速器と言われる装置で動かしたときに出来る線。
エックス線やガンマ線と違い、止まる際に細胞を傷つける力が最大になる。
この特徴を利用しがん治療に使われている。

自然放射線
原子爆弾や原子力発電所などから出る放射線とは異なり、自然界に存在する放射線。
宇宙や太陽や地中にも含まれ、食物にある物質が出すなど、人間が作り出していない放射線を言う。
宇宙にある放射線を宇宙線、紫外線も自然放射線と言います。

放射線を浴びた期間と線量でわかる影響の差

放射能とは、放射線とは何か、が理解できると、それらが私たちにどんな害をもたらすのかが知りたいと考えます。


東日本大震災後、様々な報道の中で、多くの人が不安を抱えたと思います。
子供を持つ親は、自分以上に子供達の体への影響を考えたかもしれません。


放射線を浴びると、癌になるとよく言われます。
放射線の害で起きる癌には、白血病、乳がん、消火器(甲状腺、食道、結腸、胃、肝臓)がん、肺がん、卵巣がん、皮膚がん、膀胱がんなどです。


一方、放射線との関係性が見られない癌には、すい臓がん、胆のうがん、直腸がん、子宮がん、骨肉腫などがあります。
放射線を浴びて癌になるというのは、広島・長崎の原爆投下で被爆した方々を調査したことで、このような結果が分かりました。


癌は一度に大量の放射線を浴びると、発症する確率が上がります。
同じ線量でもゆっくり受けた方が、影響が小さい事が分かっています。

それは、動物実験からも証明されています。


3000mSvを1分間と言う短時間に一度にかけた場合と、
1日当たり10mSvずつ300日に渡ってかけた場合の結果です。
ともに、体にかかる線量合計は3000mSvです。


その結果、少しずつ放射線をかけた場合、一度に大量にかけたのと比較し、1/3から1/10程度しか癌になりませんでした。


これは何故かと言えば、人間にはもともと、放射線によって受けた細胞の傷を修復するという機能があるからです。
少しずつ受ければ、細胞は自ら修復します。
その修復スピードと、一度に受ける線量との割合が、がんの発症率に繋がるのです。


そして、微量の放射線は、別の動物実験では体に良いという結果も出ています。
ラドン温泉で有名な鳥取県の三朝沢温泉では、自然放射線が他より高い地域です。


しかし、がんの発症率は他の地域に比べると、低いという結果があります。
こうした、微量であれば逆に良い作用を示すものを、ホルミシス効果と言います。


1年間に100mSv以下の被ばくに、健康被害が出たというきちんとしたデータはありません。
ですが、逆にプラスの効果をもたらすデータは数多く存在しているのです。


過度に放射線を怖がるあまり、外出しない、子供を外で遊ばせないというのは、逆にストレスを呼びます。
ストレスは悪玉活性酸素を発生させる、大きな要因の一つです。
メディアに一喜一憂するのではなく、正しい知識と情報を持ち、自分自身の基準をしっかりと持つ事が大切です。

放射線量の安全基準値と安心するための知識

日本では一般の人が、普通に暮らしていて管理できる範囲での年間積算線量を1mSvと定めています。
この値を上回るからといって、健康に影響するという値ではありません。
これは原子力施設周辺の住民に対する、健康と安全を管理するために設定されたものです。
そこでモニタリングされた線量を住民に提供することで、理解を得られるようにしています。


食品安全委員会では、生涯の積算放射線量を100mSvとしています。
100mSvの放射性物質を食べても、癌になるという値ではありません。
これを踏まえて、参考にしたいデータがあります。


インドのケララ地方では、積算被ばく量が500mSvにもなるそうです。
しかし、この地方には、妊婦も子供もいますが、健康被害は全くないという事です。
他の地方と比較しても、悪影響が何も認められないのです。
このことから、現在の日本では通常の暮らしで、過剰に心配することは無いという事が分かります。


そして、放射線による影響が全く無くても、遺伝子に傷はつきます。
しかも、1日に約5万~20万か所も傷が付いているのです。

100mSv(ガンマ線)が生じさせる傷 1日に自然におきる傷
塩基変化 ~100 ~14000
グアニン酸化 ~100 4300~30000
チミン酸化 30 3000~43000
一本鎖切断 ~100 14000~72000
二本鎖切断 10 ~20(定常状態)



このように、放射線100mSvで生じる傷は、自然に生じる傷に比べると、ごく僅かである事が分かります。
自然界に存在する「自然放射線」は、内部被ばくと外部被ばくを足すと、世界平均で年間線量2.4mSvです。
ちなみに、日本の平均は1.5mSv、アメリカは3.0mSvです。
この結果は、セシウム10000ベクレル=0.13mSvに換算すると、
日本は、年間10万ベクレルのセシウム(放射性物質)を食べても、アメリカの生活より放射線量合計は少ないのです。


自然放射線の内訳は、
宇宙線の放射線量は、0.39mSv、
大地放射線は、0.48mSv、
食物などからは、0.29mSv、
空気中のラドンなどの吸入からは、1.26mSvです。



宇宙から届く放射線は、宇宙線と呼ばれます。
飛行機に乗ると、この放射線を浴びる事になります。
そして、宇宙で活躍する宇宙飛行士にも、この害を避ける事ができません。
NASAでは、水素を使ってこの宇宙線の害を軽減するため、研究されています。
水素の効果への関心の高さが、世界レベルになっている事が分かります。


そして、大地からの放射線を見ると、地域によって異なります。
世界の年間平均値を見てみると、このようになります。

地域 平均値(mSv/y)
ラムサール(イラン) 10.2
ガラパリ(ブラジル) 5.5
ケララ(インド) 3.8
陽江(中国) 3.5
香港(中国) 0.67
日本 0.43



高い地域と低い地域と差はありますが、発がんの頻度は多いという事はありません。
イランは日本の10倍もありますが、健康被害も特にありません。
このことから、日本は年間10mSv余分に浴びても、特に問題ないという事が分かります。


放射線の害で癌になる割合を見れば、過剰反応せずに済む

放射線の影響がなくても、癌にはなります。
不規則な生活習慣、運動不足、喫煙。
これらは、癌を引き起こす要因に充分なり得ます。


生活習慣が原因で癌になる場合と、1000mSvを受け癌になる割合を比較すると、微量の放射線量に過剰な反応をしなくて済むようになるでしょう。
(放射線1000mSvのデータを、10mSvで比例計算しています)
喫煙

生活習慣によって癌になる割合との比較

  1. 喫煙の影響は10mSvの200倍以上
  2. 受動喫煙の影響は10倍以上(煙草10本/日の喫煙者と同居)
  3. 運動不足の影響は30倍以上
  4. 野菜不足の影響は20倍以上



2番の受動喫煙は、煙草10本/日の喫煙者と同居すると、年間100mSv以上浴びているという事です。
セシウムに換算すると、770万ベクレル(2万mSv/日)以上です。


受動喫煙
この結果から、喫煙がいかに体に悪影響であるかも見えてきます。
不規則な生活習慣の改善は、がん予防にとても効果的とも言えます。
その為に、水素水を飲む、水素風呂に入るなどの習慣を取り入れる事をおすすめします。

放射性物質は蓄積されない事と生物学的半減期について

放射性物質が半分になるまでの期間を半減期と言います。
放射性物質はいつまでもある訳ではなく、時間が経つにつれ放射能は弱まります。


例えば、「セシウム137」の半減期は約30年。
「ヨウ素131」は約8日です。


30年と聞けば、とても怖いように感じます。
食品等と一緒に取り込まれた放射性物質が、体内に入って被ばくする事を内部被ばくと言います。


しかし30年間もセシウムが体内に留まる、という訳ではありません。
この数字は「物理学的半減期」と言われるものです。


セシウムは水によく溶ける物質です。
体内に入った放射性物質は、一部血中に入り、呼気や汗、または便や尿などにより排泄されるのです。
こうした過程で、放射性物質が半分に減少するまでの期間を「生物学的半減期」と言います。


生物学的半減期では、「セシウム137」は、乳児なら約10日、10歳の子供なら約1か月、大人なら約70日で半分になります。
乳児や子供は放射線による影響は大きいですが、排出するのも速いのが特徴です。
そして、先にも書いたように、私たちの体は放射線により傷ついた細胞を修復する機能を持っているので、
半減期においても、過剰な心配は必要ないとされます。


放射線は毒だ、蓄積すれば大変だ。
という物理学的な意見が大きく報道されますが、
私たちの体の仕組み、構造などを知る事で不安は少し緩和されるはずなのです。

放射線を受けるとなぜ細胞や遺伝子は傷つくのか

放射線を受けると癌になる確率が上がる。
そう考えると、目に見えない放射線だけに、漠然とした怖さを感じてしまいます。
かし、一度に大量の放射線を浴びていない限り、むやみに恐れる必要はない事が、これまでの説明で分かると思います。


そもそも、なぜ放射線は癌の原因になるのでしょうか。


ここまで、放射線についてお話ししましたが、ここからは本題の水素と放射線について説明したいと思います。


放射線は水と反応すると直接、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルを発生させます。
しかし、急激な運動、呼吸、煙草やアルコール、不規則な生活を送ることで悪玉活性酸素が発生すると以前説明しました。

水素の還元力が酸化した体の免疫力を高める効果がある


ですが、放射線は水と反応するだけで、悪玉活性酸素を発生させるのです。


悪玉活性酸素で最も酸化力があるヒドロキシルラジカルは、細胞・遺伝子を次々に破壊し、私たちを老化させ、様々な病気の原因を作り出します。


人間の体は70%が水で出来ています。
赤ちゃんであれば約75%、大人は約60~65%が水で出来ています。
そこに放射線を浴びてしまうと、水と反応した放射線は悪玉活性酸素を作り、そして細胞・遺伝子を傷つけるという事になるのです。


細胞、遺伝子は毎日傷ついていると先ほど書きました。
その中には、癌を引き起こす遺伝子もあれば、癌を起こさせないようにする遺伝子もあります。
でも、遺伝子は1か所傷ついたくらいでは癌にはなりません。
ある研究結果で癌を起こす遺伝子、癌を抑制する遺伝子の中で、少なくとも5か所以上が傷つき、修復されなかった場合だけ、癌になる事が分かっています。


私たちの遺伝子は日々傷ついてますが、それらを日々修復する機能も備わっています。
数にすると、日々5~20万個の遺伝子を修復しているのです。


では、放射線を1年間で20mSv浴びた場合、遺伝子はどれ位傷つくのでしょうか。
答えは、遺伝子が完全に切れてしまうのは、1日に平均0.0027か所です。
放射線を浴びずとも、1日1か所程度は切れてしまっています。
切れてしまっても、きちんと修復する機能があります。
それよりも、癌になる原因で怖いのは煙草なのです。
煙草の害は、年間20mSv浴びる場合の100倍以上です。


話を少し戻すと、放射線が水と反応し悪玉活性酸素を発生させ、遺伝子を破壊します。
では、その悪玉活性酸素を減らすには・・・もうお分かりだと思います。
水素は、この悪玉活性酸素を無害な水に変える働きがあるのです。

放射線の副作用を軽減する薬と水素の効果

放射線の副作用を軽減するアミフォスチンと言う薬があります。
この薬はアメリカで承認されている薬ですが、副作用が強く使用には制限があります。


しかし、2012年「Biochemical Journal」という学術誌に、アミフォスチンと水素の効果を比較した論文が掲載されました。
これによると、数ある抗酸化物質の中で放射線の副作用を軽減する薬が一つあります。
それが、アミフォスチンです。


しかし、副作用が強いことから、それに代わる薬の誕生が期待されていました。
そして、それこそが水素だったのです。


検証結果から、アミフォスチンと水素の効果はほぼ同等である事が分かりました。
水素には副作用がありません。
こうしたことから、水素は安全であり効率的な働きをするという事が分かります。


日本では抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減するため、一部の機関では水素がすでに取り入れられています。
がんで抗がん剤や放射線治療を行うと、様々な副作用があることは知られています。

がん治療で起こる主な副作用

  • 脱毛
  • 口内炎
  • 吐き気
  • 下痢
  • 爪の変色・変形
  • 味覚障害



水素水が肝癌への放射線治療による副作用を軽減したという論文があります。
水素水と対照の水で比較。
医師も患者もどちらが水素水であるのか、分からないようにして実験を行いました。
これは、水素水とわかる事で、気持ちの変化などの問題が、データに反映されないようにするもので、二重盲検という方法です。


その結果、検証した4項目、嘔吐、食欲不振、下痢、味覚障害全てにおいて、水素水が、副作用を緩和する結果になりました。
特に、食欲不振と味覚障害はその結果が顕著に現れました。


動物実験では放射線と水素の効果がよく分かる研究結果があります。
マウスに高線量の7グレイ(約7000mSv)を浴びせる前に、水素水を飲ませると80%のマウスが生きていました。
7グレイという数値は、人間であれば100%死亡する値です。
水素水の効果がいかにあるかという、驚くべき結果です。


水素が放射線にもたらす効果がもっと明らかになり、もっと認知されていけば、放射線に対して、いたずらに怖がる事も少なるかもしれません。
そして、ストレスが何より悪玉活性酸素を発生させる、大きな要因であるという事も覚えておかなければいけません。

アトピーに使っている3つのアイテム
  • メディソル水素水

    水素純度は業界の最高レベルです。不純物をほとんど含まない水素ガスで高濃度水素水を作っています。週刊文春でも1位を取った信頼できる水素水です。

  • 水素化粧品|Auterオリジナルクリーム

    掻き壊しの傷の保護や耳切れの予防に使っています。使うと翌日には効果を感じる事が出来るので、無くてはならないアイテムです。

  • サラヴィオ化粧品

    アトピーの方から高い支持を得ている化粧品です。サラヴィオ美容液はジュクジュク肌でも使え、しみないと口コミで評判です。私はこの美容液とRG92とその時々で使い分けています。


スポンサーリンク