水素水は水素分子(H2)が水に溶けたものを言います。
H2は水素ガスです。
水素水は「水素ガス」が溶けたもの、と言い換える事も出来ます。
数ある原子の中で一番質量が軽いもの、それが水素原子(H)です。
そしてその原子が2つ結合した、水素分子(H2)が水素水に含まれています。
水素分子は宇宙で一番小さい分子であり、最も多い分子です。

スポンサーリンク

水素は何に有効なのか?

2007年に、水素医学の第一人者である、太田成男先生が発信した論文で、水素の働きが世界中の注目を集めました。
論文では「水素は細胞障害性酸素ラジカルの選択的還元により治療に有効な抗酸化剤として作用する」と述べました。


これは、老化、生活習慣病の様々な病気は「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」が関係しており、
水素はこの悪玉活性酸素のみを選択、結合し、無害な水に変える働きをしている。
それは、医学界において、水素治療の有効性を示しているというものでした。


このように水素は抗酸化物質として注目を集めています。
しかし、抗酸化剤以外にも、抗炎症作用、抗アレルギー、脂肪エネルギー代謝促進効果など、その働きは多方面にわたります。
これらの働きは、水素が全ての細胞に行き渡ることが出来るため、可能となります。

スポンサーリンク

水素はビタミンCなど他の抗酸化物質と異なる性質を持つ

酸化を抑制する抗酸化物質には、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、ポリフェノールなどがあります。
これらは、健康維持には良いとされる物質であり、健康番組などでも数多く取り扱われます。
それぞれの物質には、水溶性・脂溶性という性質があります。
(ポリフェノールは水溶性、脂溶性の中間の構造を持つ)
そしてその性質上、これらの抗酸化物質が抗酸化作用を発揮する場所は限られています。
下の図は簡単な細胞の構造です。

細胞の構造
  1. 粗面小胞体
  2. ミトコンドリア
  3. ゴルジ装置
  4. リソソーム
  5. 細胞膜

まず、細胞膜。
これは脂質で出来ているため、水溶性のビタミンCは通過できません。
次に、細胞質。
2~5の主な細胞小器官で出来ています。
細胞質は水溶性のため、脂溶性で水に溶けないビタミンE、コエンザイムQ10、リコピンは抗酸化作用が発揮できません。
こうした細胞の性質上、一般的には水溶性・脂溶性の両方を摂取することが、望ましいとされています。


また、ポリフェノールは水溶性・脂溶性の縛りはありません。
お茶、赤ワインなどに含まれるポリフェノールは、分子の量が多い、高分子ポリフェノールという物質です。


脳には血液脳関門という場所があり、そこで脳に不要な物質は排除するという機能があります。
高分子ポリフェノールや多くのビタミンなどは脳には必要ないとされ、中に入ることはできません。


しかし、水素は先ほども述べたように、全ての細胞に行き渡ることが可能です。
それは、水素が気体の分子(H2=水素ガス)だからです。
そして、最も小さい分子だからです。

水素は抗酸化物質の中で総合的に最も優れた物質

活性酸素には、悪玉と善玉があります。
悪玉活性酸素は癌や生活習慣病、老化などの原因になります。
善玉活性酸素は、体内に入ったウィルスや細菌を退治する働きがあります。

抗酸化物質が癌に逆効果?癌細胞が活発になり転移を促す効果が?

2015年10月、イギリスの科学誌ネイチャーが、あるマウス実験の結果をまとめた論文を発表しました。
その内容は、抗酸化物質を投与したマウスの癌細胞が活発になった。
しかも、転移を促す効果があったというものです。


抗酸化物質は体に良いとされ、癌患者に抗酸化物質を投与する臨床試験もあります。
しかし、投与した癌患者と、されなかった癌患者を比較すると、なんと、抗酸化物質を投与した患者の方が、早く死亡する事例が相次いだのです。
もちろん治験は中止されました。


このマウス実験で投与された物質は、エイズ患者の治療や栄養サプリメントで使用されるものです。
名前はN-アセチルシステイン(NAC)です。
もちろん、活性酸素を除去する働きがあります。
しかし問題なのは、善玉・悪玉のすべての活性酸素を除去してしまうのです。


免疫細胞が癌細胞を破壊するためには、善玉活性酸素が必要です。
ですが、抗酸化物質により、その善玉活性酸素がなくなれば、爆発的な増殖力を持つ癌細胞が元気になるのは当然と言えます。


こうした論文は2014年にノースウェスタン大学からも発信されています。
それは、抗酸化物質の投与でがんが増えたという内容のものです。
しかし、このような働きをする抗酸化物質は、先ほどのN-アセチルシステイン(NAC)だけではありません。
ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カテキンなどの身近な抗酸化物質も実は当てはまるのです。
つまり少量では良くても、過剰に摂取すると善玉活性酸素まで除去してしまうのです。

水素がすごいのは悪玉活性酸素のみと結合すること

悪玉活性酸素の中でも最もたちの悪いのが「ヒドロキシルラジカル(OH)」という活性酸素です。
このヒドロキシルラジカルは酸化力が強く、健康な遺伝子や細胞膜を次々に破壊し、体内を酸化(=サビ)させていくのです。
体内が酸化すると、老化や生活習慣病、がんなど様々な病気を引き起こす要因となります。


体内に入った水素は、他の抗酸化物質が入り込めない場所に、細胞レベルで浸透。
そして、悪玉活性酸素を選択的に除去するのです。
身体に必要不可欠な善玉活性酸素とは反応しません。


水素がヒドロキシルラジカルと結合すると、無害な水に変えます。
副作用はありません。
水素を取り過ぎても、呼気として排出されるので問題ありません。
体内に蓄積することがないのです。
水素は他の抗酸化物質には無い働きをする、唯一の物質なのです。

水素水で病気が治るメカニズム|水素とビタミンCの抗酸化力の違い

アトピーに使っている3つのアイテム
  • メディソル水素水

    水素純度は業界の最高レベルです。不純物をほとんど含まない水素ガスで高濃度水素水を作っています。週刊文春でも1位を取った信頼できる水素水です。

  • 水素化粧品|Auterオリジナルクリーム

    掻き壊しの傷の保護や耳切れの予防に使っています。使うと翌日には効果を感じる事が出来るので、無くてはならないアイテムです。

  • サラヴィオ化粧品

    アトピーの方から高い支持を得ている化粧品です。サラヴィオ美容液はジュクジュク肌でも使え、しみないと口コミで評判です。私はこの美容液とRG92とその時々で使い分けています。


スポンサーリンク