1歳8か月の子供がアトピーなのですが、今までアトピー性皮膚炎で医者に掛かった事がありません。
でも先日、初めてアレルギー科のある小児科を受診しました。
どこへ行ってもステロイドを処方されるので、今まで病院に行くことは避けてましたが、今回行った病院ではステロイドなしでの治療が可能でした。
そして、家からも近い事も決め手になりました。


子供が生後半年くらいの時、水素について興味を持ちました。
それからは、子供には水素水を飲ませたり、水素クリームを使ってケアしていました。
ジュクジュク肌などには、ほとんどなった事はありません。
その為、水素を使う前の肌と比べると、多少なりとも効果は感じています。

スポンサーリンク

ステロイドは使わない原因除去治療

初めてきちんと病院に診てもらい、どんな事を言われるのかとても不安でした。
けれど、その先生は私の話をよく聞いてくれる方でした。
15分くらいは問診してくれたと思います。


先生はもう高齢の方で、おじいちゃんと言うと失礼かもしれませんが、経験のある先生なのだなと感じました。
先生は自身の話も色々してくれました。
アレルギー専門医である先生の子供が、実はアトピー性皮膚炎だった事はとても興味深かったです。
自分の子供が「まさか」と思ったそうです。


お子様は卵、牛乳アレルギーだったと分かり、食事療法を実施。
その後成長とともに、それらアレルギー食材は食べられるようになったそうです。
今では、親と同じ医師になられているとの事でした。

牛乳アレルギー

私の子供を診て、同じような食物アレルギーから来ているような感じがすると言われました。
血液検査などはしませんでした。
とりあえず4週間アレルギーの疑いのある食材を抜くよう指示されました。
先生は、原因除去治療を中心に行っているそうです。


今まだ4週間経ってはいません。
そして今、何を食べているかと言えば「野菜、お米」だけです。
味付けは塩だけ。
だし、醤油(大豆)、小麦、牛乳、卵、肉、魚なども食べられません。
今まで上の兄たちと一緒におやつも食べていたのに、それも一切禁止。
こんなにNG食材があって、うちの子は本当に食べてくれるのかと正直不安でした。

野菜

ところがいざ除去食を始めてみると、今まで以上に野菜は食べるし、ご飯も食べる。
保育園にも通っているので、給食の先生と話し合いもして、病院の方針に合わせて作って頂いています。
給食も沢山食べてくれています。


調理法は給食の先生のアドバイスも聞きながら、出来る範囲内で美味しく作れるよう頑張っています。
コツは、野菜をとにかくじっくりコトコト煮る事。
すると、野菜の甘みが本当に出るんです。
玉ねぎは本当に甘さを出すのに重宝します。
味に飽きてきたと思ったら、塩を少し入れるとまた甘さが引き立ちます。


それでも飽きてきたら、酸味のあるトマトと玉ねぎを炒めてトマトライスを作りました。
それは本当にたくさん食べてくれました。
NG食材がたくさんあっても、ここまで作れて、こんなに食べてくれるんだなと感心しています。

トマトソースと玉ねぎ

おやつは甘い安納芋を、ゆっくりフライパンで熱を入れて蒸し焼きします。
すると1時間くらいで甘い蜜たっぷりのおいしい焼き芋ができます。
それは兄弟3人で大きいお芋3つが、あっという間になくなります。
このおやつは毎回大好評で、うちには今、安納芋が常備されています。

安納芋

このブログでも書いてますが、まさに戦後の食生活をしているな、と実感しています。
昔の日本は、和食・お米中心の生活でした。
添加物を含む食材はほとんどなく、肉も食べる機会はほとんどありません。
アトピーは現代病と言われていますが、50年前にもアトピーはありました。
でも、幼児期にはほとんどが治る病気でした。


病院の先生は、年長さんくらいになれば、胃腸が強くなるから治ってくるよ、と言いました。
恐らくそうした理由で昔は、アトピーが自然に治っていたんだと思います。
卵や牛乳は小さい子供には、胃腸に負担がかかる食材です。
胃腸の働きが正常に、強くなれば、アレルギー反応を示さなくなるという考えです。

スポンサーリンク

まとめ

まだ除去食を始めて4週間経過してません。
今後どのように肌が変化するのか分かりませんが、除去食開始、2週間経過して変わった事は快便、ウンチの質が良くなった事です。
これまで、お腹を壊す事が多かったのですが、胃腸が弱かったのかなと思いました。
水分が多かったり、黒かったりするウンチが多かったのが、除去食を始めて、良いウンチを1日に3回もする事があります。
良く食べ、良い排泄、あとはもう少し良い睡眠があればバッチリです。
フォローアップミルクを止めたので、夜中に1,2回まだ起きてしまいます。


気になる肌質なんですが、良くなったと思います。
個人的に、ミルクを止めたのが一番効いてる気がします。
肌のキメが若干細かくなって、乾燥も少し減っている感じがします。
まだ2週間なので何とも言えませんが、今後の行方もブログには綴っていこうと思います。
ちなみに水素水はいつも飲んでいます。

除去食とアトピー|卵も牛乳も全て除去。保育園との協力は必須です。
現代病のアトピー性皮膚炎が改善、完治するヒントは戦後の食事にある

アトピーに使っている3つのアイテム
  • メディソル水素水

    水素純度は業界の最高レベルです。不純物をほとんど含まない水素ガスで高濃度水素水を作っています。週刊文春でも1位を取った信頼できる水素水です。

  • 水素化粧品|Auterオリジナルクリーム

    掻き壊しの傷の保護や耳切れの予防に使っています。使うと翌日には効果を感じる事が出来るので、無くてはならないアイテムです。

  • サラヴィオ化粧品

    アトピーの方から高い支持を得ている化粧品です。サラヴィオ美容液はジュクジュク肌でも使え、しみないと口コミで評判です。私はこの美容液とRG92とその時々で使い分けています。


スポンサーリンク